サロンとバイク査定
ホーム > 健康 > 閉経すると女性も痛風になる?

閉経すると女性も痛風になる?

酸性に尿が傾くと、結石が作られやすくなり、尿路結石や腎臓病などの合併症をひきおこす可能性がでてきます。ですから、酸性に尿が傾き過ぎないように普段からコントロールを心がけることがとても重要になります。正常とされる尿酸値は男性が3.6~7.0mg/dl、女性は2.7~7.0mg/dlで、男女とも同じく7mg/dlを超えると高尿酸血症という診断になります。

 

 

 

糖尿病や高尿酸血症、そして脂質異常症の患者に共通の特徴として、肥満とかメタボリックシンドロームの人が多く見られます。肥満と2型糖尿病を併発した人が減量した時に血糖値が正常な値に近づくことがよくありますが、同様に、太り気味で尿酸値の高い人が減量に成功すると、尿酸値が減少する事例が多いようです。高尿酸血症を放置すると痛風を引き起こす可能性があり、自覚症状があまりありません。高尿酸血症であっても体に不調のサインが出ずらく、通常通りに生活ができてしまいます。

 

 

まさか自分が病気だなどと思わない為、治療をしようという気持ちが起きない為突然痛みや激痛を起こし、痛風の痛みが発症してびっくりすることになります痛風患者にとって侮れないもののひとつが食品に含まれるプリン体制限ですが、現在そのプリン体制限は治療の中心ではなくなりつつあるようです。

 

特に野菜のプリン体の場合、大半が体外に排出されるため、気にしすぎなくても良いとされています。

それよりも、肥満にならないように、脂肪分の多い食品や食べ過ぎを控えるようにしましょう。

 

 

脂肪肝の恐ろしい点は、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞といった血管系の疾患を誘因する可能性があるためです。

脂肪肝の原因といえるのは、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。摂りすぎたカロリーがもとでコレステロールや中性脂肪が肝臓に溜まってしまうのです。

 

特に30代~40代の人に脂肪肝を発症する人が増加していて、この10年間で2倍以上の増加がみられます。

尿酸値を低下させたい場合は、体に付加をかけ過ぎない有酸素運動に期待がもてます。散歩や無理のないペースでのジョギング、水泳やサイクリングなどが該当します。

 

 

 

しかし短距離走、筋肉トレーニングなどの無酸素運動はダイエットを目的とした場合には効果的ですが、急激に負荷のかかる運動は尿酸値を増やしてしまうので、尿酸値を低くしたい方は有酸素運動を取り入れてみましょう。痛風にかかる人の男性が占める割合は約95%になります。かたや女性は女性ホルモンの働きにより尿酸の排泄が良く、男性との発症率を比較した場合大幅に抑えられています。

 

 

しかし、閉経を迎えるとホルモンの働きは減少し、尿酸値の上昇を抑えられなくなります。

 

こうような経緯から、痛風になる女性は閉経を迎えた人がほとんどです。ただ沈着しているだけの尿酸の結晶では痛風発作を起こすわけではありません。発作になるのは、心身にストレスが強くかかる動作や運動、著しい尿酸値の変化などがきっかけとなり、関節に付着していた尿酸の結晶が剥がれ落ちたときです。強烈な痛みのもとは、剥離した結晶を白血球が異物と捉えて排除するための活動に伴う炎症反応です。脂肪がつきすぎて動きが重く感じている人は、体についてしまった脂肪を落とすようにしましょう。

サイクリングなどの有酸素運動を上手に取り入れて脂肪を徐々に減らしていきましょう。また、筋肉が増えると基礎代謝が上がり、より一層体脂肪は燃焼しやすくなります。また絶食などの過激なダイエットをするのは体への負担がかかり将来的に悪影響をきたす可能性があることから注意が必要です。

 

 

尿酸値は血液の中の尿酸の濃度を言い、男性の割合が一般的に高い傾向にあると言えます。女性はエストロゲン(女性ホルモン)の働きで、尿酸を体外に排出することが促されているためで、閉経を迎えるとこの作用が減少するので尿酸値の上昇が確認されるようになります。アンセリンのサプリはおすすめです