サロンとバイク査定
ホーム > 便秘 > 乳酸菌とオリゴ糖で便秘解消

乳酸菌とオリゴ糖で便秘解消

便秘は、下剤で解決するのもひとつの方法ですが、これでは腸の働き自体がよくなるわけではありません。

 

その結果、その後も便秘を繰り返してしまう可能性がかなり高いわけです。

 

そこでオススメしたいのは、乳酸菌+オリゴ糖のWパワーで腸の機能から回復させるという方法です。

 

乳酸菌をたくさん取り入れれば、その影響で腸内には酸が優勢になって、腸が刺激されますから、腸の働きもどんどん良くなっていきます。

 

このことによって内容物は出口までスムーズに送り出されやすくなります。

 

さらに、酸が増えると腸管内の水分量も適切に保たれますから、この点でも便がやわらくなって出やすくなるのです。

 

そして、乳酸菌を取り入れる際にオリゴ糖もあわせて摂取することで、乳酸菌はさらに活発になって増殖していくことができます。

 

オリゴ糖だけ、あるいは乳酸菌だけを摂取しても一定の効果は望めますが、そこは両方の力を活用することで早く便秘になりにくい体質をつくっていきましょう。

 

便秘は我慢したり、放置するほど腸内環境が悪化して、さらなる便秘をまねくという負のスパイラルに陥ります。

 

どうしても苦しいときは、たまったものを出すために下剤を活用することもあると思いますが、その後は便秘体質自体を改善していくことに焦点をあてていきましょう。

 

そのための続けやすくて、効果の期待できる方法が乳酸菌+オリゴ糖を摂取する習慣なのです。オリゴ糖の液体と粉末はどう違う?こちらへ