サロンとバイク査定
ホーム > 糖尿病 > 子どもにも増えている糖尿病

子どもにも増えている糖尿病

糖尿病には、遺伝的な問題で起こる先天性の発症もあります。

親が糖尿病の場合、子供が糖尿病になる確率も高くなるわけです。

しかし、近年増えているのは、生活習慣を原因とした子供の糖尿病だといいます。

糖尿病には2つのタイプがあり、子供がかかりやすいのはインスリンの分泌がなくなってしまう1型糖尿病だといわれています。

インスリンの効果が弱くなる2型糖尿病は中年以降に多いといわれますが、最近の子供の生活習慣からすると逆転するのも遠い未来ではないかもしれません。

 

糖尿病では初期の頃に自覚症状がないのがネックですが、子供にとっては体調の変化がさらに自覚しにくいという問題があります。

また、ちょっと体がおかしいと思っても、親に言わない子供も多いものです。

子供の様子に注意して、これまでと違った点があれば、糖尿病を疑ってみる必要もありそうです。

特に1型糖尿病の場合、インスリンの分泌が徐々に減少し、最終的には完全にインスリンがなくなってしまいます。

そのため、あるとき突然意識障害を起こして生命に危険がおよぶこともあるのです。

 

子供がやたらと水分をほしがる、頻尿になった、食べているのに痩せてきている、にもかかわらず空腹を訴えるというときには、糖尿病であることが疑われます。

食事をとっているのに痩せてくるのは、ブドウ糖をエネルギーにできないために筋肉や脂肪をエネルギー源として消費する必要があるためです。

ただ、初期の頃には肥満している場合もありますので、食べたなりに太っているから安心ということではありません。

吹き出物などが多い場合も、代謝がうまくいっていない証拠です。

子供が糖尿病になると、自分でインスリン注射を打つ習慣を身に着けなければならないなど、負担が大きくなります。

日常の生活習慣を整えてあげることで、子供の糖尿病を予防してあげましょう。糖尿病対策のお茶・健康茶をたっぷりご紹介